雷保護システム

Electronic Systems
Protection

Building-exterior

雷保護システムとは

落雷によるオフィスの様々な機器の故障被害は避けたい、でも何から対策すればいいのか分からない、今年も大丈夫だったからしばらく大丈夫だろう・・と、雷対策は後回しにされがちです。しかし、一度の被害で多大な損害が出てしまう可能性も。雷によって発生する雷サージという過電流、過電圧が配線から各機器に直接侵入し、機器を破壊してしまうことが雷被害の主な原因です。東北物産では、この雷サージをアースに放電して機器を守るSPDという機器の販売、設置工事をおこなっております。

コラム

Column

雷保護システムの
重要性

近年の高度情報社会では、オフィス・設備のIT化に伴い、建築物の内部に多くの電気・電子設備機器が設置されています。これらの電気・電子設備機器は、その運用に高い信頼性が要求されているため、雷やそれに伴う電磁障害など安定した運用に高い信頼性が要求されているため、雷やそれに伴う電磁障害など安定した運用に大きな影響を及ぼす電過電圧・過電流の保護等の対策が重要な課題となっています。

さらに、地球温暖化や都市部のコンクリート化によるヒートアイランド現象により、ゲリラ雷雨も増加しており、都市部を中心として複雑に張り巡らされた情報通信網に大きな雷の被害を与えています。現代社会において誘導雷によるコンピューター&ネットワーク機器の保護は不可欠なものとなっています。

2003年、日本においてはJIS A 4201:2003に改訂され、「建築物等の雷保護」が必要となりました。その結果、従来の外部雷保護だけでなく建築物内の雷保護を目的とする、内部雷保護システムの導入が有効です。当社では1893年以来、110年以上にわたり、世界136カ国に雷保護システム&部品を提供してきたABB社/furse製の避雷器を取り扱っております。

内部雷保護システム
機器設置例

これからのリスク管理には雷サージ対策が必要です。

雷サージとは・・・雷によって発生する過電流・過電圧のことです。雷サージから機器を保護するには、SPD (避雷器)の設置が有効です。

建造物には雷の侵入経路がいくつもあります。
電力線・通信線・接地(アース) etc

SPDを設置していない場合

雷サージが配線から
機器に直接侵入して破壊します。

雷保護の対策としてSPDを設置した場合

危険な雷サージをSPDがアースに放電して
機器を保護します。

製品ラインナップ

Product Lineup

equipment

電源用SPD

電源ラインより侵入する雷サージから機器を保護します。単相2線、単相3線、三相3線など、様々なラインナップがあります。

equipment

LAN用SPD

LAN回線から侵入する雷サージからパソコン、サーバーなどを保護します。100BASE-T、1000BASE-T、PoEにも対応します。

equipment

電話回線用SPD

LAN回線から侵入する雷サージからパソコン、サーバーなどを保護します。100BASE-T、1000BASE-T、PoEにも対応します。

導入事例

製薬会社

工場設備の電源、通信ライン、電話回線、サーバの保護

ご担当者様の声

以前雷で設備が壊された経験があり、危険物を取り扱っていることもあるので対策を考えていました。また、このような対策をすることによって企業の信頼も上がると思います。

自動車関連工場

消防設備の保護

ご担当者様の声

度重なる落雷により業務に支障が出ておりました。どの程度防ぐことが出来るか不安でしたので、試しに一番被害に遭っている設備に避雷器を導入し、カウンターを取り付けて、その後カウンターにて落雷状況を確認出来たので次の雷対策を検討中です。