リニアプロジェクト

pencil-illustration

リニアプロジェクトってなんだ・・・

秋田の未来は今よりもっと豊かになるのか? この問題を誰かに預けて傍観してはいられない。 自分たちこそが秋田の未来をつくっていくのだと自負し、 さまざまな人たちと協働し、秋田の自然を活かし、まだ見ぬ未来をつくるため、 新しい秋田の可能性を探求するプロジェクト、 それがリニアプロジェクトです。

今、この瞬間に生まれる東北の豊かな未来。

features

features

01

秋田に眠っている価値の原石を発掘し、磨き上げる。

今ある資源から、全く新しい価値を生み出し、それが、未来へ向かって線を引くように、長く長く秋田の価値としてより多くの人々の暮らしを豊かにしてくれることをリニアプロジェクトは目指しています。皆さんの、こんな秋田になってほしいという願いがそうした新たな価値創造の第一歩になります。

features

02

多彩な人やモノが
活きること。

秋田には豊かな自然があります。そして、その自然の恩恵を受けながら暮らす、多様な人々がいます。そのような秋田が誇る代え難い資源を活かし合うことが秋田ならではの価値の創造につながります。

features

03

誰かの利益ではなく、
公共の利益のために取り組むこと。

リニアプロジェクトによって生まれる価値は、特定の企業や個人の利益のためでなく、不特定多数の秋田に暮らす人々と共有できる価値としてうまれることを目指しています。このような姿勢で取り組むことが、長く愛される秋田の共有財産としてのリニアプロジェクトのあるべき成果につながると考えています。

voice

Exterior-of-the-store
武陵源が開店に至るまで

中国料理店

武陵源

5年前に東京でのAターンフェアの時に深澤社長が秋田県で住環境提供の立場で参加している時に初めて知り合いました。

その時に秋田で中国料理店を営みたい旨を伝えると、快く引き受けていただき店舗物件探しから家賃交渉そして契約に至るまで対応してもらい、更には建設会社の紹介、金融機関への相談にもお付き合いいただき、ファンドを設立して対応をいただきました。

移住当初秋田市には知り合いもいない中、何から何まで親身になって相談に乗っていただきました。

その甲斐あってオープンしてから順調に3年が経過し、東北物産(株)を始めとする建設会社さんや金融機関、更には移住当初お世話になった秋田県や秋田市のお陰様をもちまして事業の方も少しずつではありますが安定してきております。。

flow

step

01

みんなの声を集めていく

秋田に暮らす皆さまや、秋田に関わる皆さまからの、「こんな課題を解決しようよ!」「こんな秋田を作っていこうよ!」そういったお声が全ての始まりになります。東北物産がそういったお声を預かり、検討し、プロジェクト化に向けて進行させていただきます。

今ある資源から、全く新しい価値を生み出し、それが、未来へ向かって線を引くように、長く長く秋田の価値としてより多くの人々の暮らしを豊かにしてくれることをリニアプロジェクトは目指しています。皆さんの、こんな秋田になってほしいという願いがそうした新たな価値創造の第一歩になります。

東北物産にアイデアを出してみる
step

02

東北物産で検討し、
プロジェクト化に向けた
準備をする

内容の妥当性や実現可能性を検討し、適切な関係者やプロジェクトの目標設定などをしつつプロジェクト化に向けた準備をします。

step

03

関係者の招集
プロジェクト実行

プロジェクトの内容に共感し、ともに新しい価値を生み出す仲間を招集した後、プロジェクト実行に移ります。新しい価値の創造に向けて共に尽力します。

step

04

プロジェクト実施
レポート作成

プロジェクト完了後、どのような結果が生まれたのか、どのような価値を秋田に残すことができたのかなど、レポートとして皆さまに報告させていただきます。

東北物産にアイデアを出してみる